• ホーム
  • 美ボディを目指す!糖質制限ダイエットの正しい方法

美ボディを目指す!糖質制限ダイエットの正しい方法

2020年03月05日
スリムな女性

美ボディを作るために注目を浴びているのが糖質制限ダイエットです。
人間の生命活動に不可欠な栄養成分のうち最も大事なタンパク質、糖質、脂質を三大栄養素と言います。
これらの成分を含む食事をバランスよく摂取することで健康的な生活を送ることができます。

糖質制限ダイエットでコントロールする糖質は、三大栄養素の炭水化物が体内に取り込まれて消化されてエネルギー源として利用するために生成されます。
体を動かすことで糖質は処理されますが、使わなかった分はいつか使うために中性脂肪になって蓄積されてしまいます。
それが肥満の原因になります。

糖質制限ダイエットは、炭水化物の摂取をコントロールして糖質の生成を減らすダイエットです。
糖質が生成できないと、溜めておいた中性脂肪が代わりに使われることになります。
また、血糖値の上昇が抑えられることで、糖を処理する働きのあるインスリンの分泌を抑えることができます。
つまり、太りにくい体質になり美ボディに近づくことができると言うことです。

血糖値が常に高くなるとインスリンの分泌が追いつかなくなり、処理できない状態が続き糖尿病になります。
その改善策として行われるのものの一つとして食事療法があります。
糖尿病の患者が行う食事療法は、血糖値を上げないために炭水化物を取らない糖質制限を行います。
糖質制限ダイエットもそれと同じことを行いますが、正しい方法を理解していないと意識障害などの危険があります。

糖質は脳を働かせるエネルギー源です。
制限することで十分に行き渡らず機能が低下してしまいます。
そのため正常な判断ができいない状態になる恐れがあります。
完全に炭水化物を取らないなどの極度な条件は正しい方法とは言えません。
特に糖質制限ダイエットは、医師の指導により糖尿病患者が行う食事療法とは違います。
適度な制限によって過多であることを見直すことで、美ボディに近づけることです。
そのためには正しい知識を得るようにしましょう。

食べても罪悪感なし?美容効果のある低糖質食品

糖質制限ダイエットをするなら、低糖質の食品を知っておく必要があります。
間違えてはいけないのが甘いものだけが糖質ではないと言うことです。
制限するのは炭水化物です。
そして生活に必要な三大栄養素のうち、糖質を除いたタンパク質、脂質はしっかり取ることを忘れてはいけません。

最も効果が高いのは主食であるご飯、パン、うどんなどを控えることです。
これらの中には多くの炭水化物が含まれています。
毎食何気なく食べていると無意識に多くの糖質を取っていることになります。
そのため量を半分に減らすなどの制限が必要です。
同じ食感で低糖にしたこんにゃく米やおから麺、ブランパンなどがあるので、切り替えることで物足りなさを感じずに済みます。

糖質制限ダイエットの良いところは、タンパク質は摂取しても良いと言うことです。
そのためお肉や魚はしっかりと食べても問題ありません。
チーズもタンパク質はありますが低糖なので大丈夫です。
そして低糖で美容効果が高いのが、キノコや海藻、こんにゃく類です。

ローストビーフの付け合わせとして海藻サラダなど食べるなら、しっかり食べても糖質は上がりません。
コンビニエンスストアで売っているおでんも大根やこんにゃく、がんもどきは食物繊維が豊富で腸の動きを活発にしてくれます。

どうしても小腹が空いて仕方がない時には、ナッツ類もおすすめです。
特にアーモンドやくるみはオメガ3やオレイン酸が豊富なため、美容効果が高いと言えます。
ただし、食塩などの味付きのものや甘くコーティングされているようなものは避ける必要があります。
また、ドライフルーツも糖質が高いので一緒になっているものは避けましょう。
糖質制限ダイエットのためには素焼きのものを選ぶといいでしょう。